夜の店の種類|女の子が輝ける場所、キャバクラで高額バイト!

女の子が輝ける場所、キャバクラで高額バイト!

夜の店の種類

微笑む女性

ナイトワークの代表格、キャバクラは主に20代の若い女の子が働いています。
接客スタイルとしては1対1なので、女の子が非常に多く働いています。
特に週末になるとお客様は団体で来られることが多いので20人位女の子がスタンバイしてることもあるので、営業時間中は賑やかな感じになります。

着物を着たママなどがいるお店はラウンジ、と呼ばれています。
ラウンジではキャバクラほど女の子の年齢層は若くなく、20〜30代が中心になっています。
キャバクラでは若い女の子とお酒を飲みたい!というような軽い感じでくるお客様がほとんどですが、ラウンジはキャバクラよりも高級感溢れるようなイメージを持ってもらえれば分かりやすいと思います。

ガールズバーは、カウンター越しの接客になるので、お客様の横に座って接客、ということはありません。
キャバクラやラウンジと違って私服OKのところが多いので、割りとラフな感じで働くことができます。
飲みに来る人もかしこまった接客を求めているわけではなく、女の子たちと楽しく話せれば、という感覚で来ているので初めて働きやすいとは思います。

スナックは、席数がキャバクラに比べて圧倒的に少ないので、働いている女の子も少ないです。
お客様も結構年配の人が多く、お酒を飲みながらカラオケを歌ったり、というようにアットホームな感じなのが特徴です。

このように、ナイトワークといっても種類は様々あり、その形態も大きく異なっています。
この違いを知っていれば自分に向いているのはどういうタイプの店なのか、というのを判断するための材料になると思います。
ナイトワークの求人サイトには店の名前と一緒にキャバクラ、ラウンジ、などとしっかり明記されているので求人情報だけでなく、そこにも注目してみてください。